港区では、大人の発達障害に関する相談窓口として、港区発達障害者支援室を開室しています。

このような困りごとはありませんか?

 コミュニケーションがうまくいかない

 急な変更への対応が苦手

 スケジュールの管理が難しい

▶ 感覚過敏があり、疲れやすい

お知らせ

発達障害者支援室では、引き続き感染予防対策を徹底して行ってまいります。

利用者の皆さまにおかれましてもご協力のほどどうぞよろしくお願いいたします。

個別相談

発達障害の特性によって生じる、学校や職場、家庭での困りごとについて、ご本人の意思を尊重しながらお話をうかがいます。

 

心理職やソーシャルワーカーなど、専門の相談員が担当します。また、必要に応じて関係機関や医療機関等をご紹介します。

 

ご家族の相談にも応じます。


関係機関との連携

ご本人の希望に応じて、学校や職場、関係機関において、より良い支援を受けられるように、情報の共有を行います。

 

また、関係機関の支援者と連携し、課題整理および対応の仕方について具体的な助言を行います。

 

 

 


ぷらねす(居場所支援)

18歳以上の方を対象に、自分らしく過ごせる居場所を提供します。

 

利用には申し込みが必要です。

 

 

 

 

 

 


ふぁみねす(家族会)

周囲には理解されづらいご家族の思いを話せる場、居場所です。

 

コミュニケーションや生活の工夫などを発達障害の知識をもとに一緒に考える

ミニ勉強会も開催しています。

 

 

 

 

 


リーフレット


ダウンロード
港区発達障害者支援室リーフレット.pdf
PDFファイル 1.5 MB